駅近物件は良いところばかりじゃない!気づきにくい落とし穴

駅近物件ってとっても便利

独り暮らしを始めて賃貸に住むという人はほとんどが学校に通ったり会社に通ったりしている人です。
通勤や通学に電車を使う人も多いでしょうから、賃貸を探す際に駅から近いというのは譲れない条件の一つになるのもわかりますし、確かに駅から近い物件というのは利便性という点においてとても有利です。
ただし、駅から近い物件は良い面ばかりではありません。なかなか気づきにくい、悪い面だってあるのです。

駅から近い物件の注意点

まず、駅から近い物件という事は電車が近くを走るという事になります。電車の走行音が部屋に居てどれくらい聞こえるかという事は部屋を借りる前に確認しておかなければいけませんが、電車は常に走っているとは限りませんし、内見の時間というのは5分から10分といったところなので、電車が走行するまで待てるかどうかというのは微妙なところです。同じ理由として、踏切の音にも気を付けておいてほしいところです。
また、騒音という点に関してもう一つ、駅前というのは施設が充実しているので賑やかなところです。にぎやかだということは夜遅くなっても人通りが絶えないという事になります。また駅前には居酒屋なども多いです。酔っぱらうとどうしても周りの迷惑を考えずに大声を出してしまいがちです。こういった人の雑踏に悩まされる可能性があるというのも駅に近い物件を探す際には考慮する必要があります。
また、にぎやかという事セキュリティの面でも不安が出てきます。人通りの少なすぎるところは物騒ですが、にぎやかすぎるところも逆に犯人が身を隠しやすいところなので、危険ではあります。

千歳の賃貸の魅力を知るために、顧客から支持を得ている物件の共通点を理解することや、人気のある業者に問い合わせることが良いでしょう。