教えてほしい節税対策!何ができるの?相続税!

気になる相続税!課税されるのはどんな場合?

相続税は、一部のお金持ちだけが払うものだと思い込んではいませんか?以前は5000万円プラス相続人一人につき1000万円が基礎控除だったので、相続税の支払いが発生しないケースも珍しくありませんでした。しかし平成27年に相続税法が改正になってからは基礎控除額が大幅に減少し、3000万円プラス相続人一人につき600万円になってしまったのです。たとえば相続人が3人いたとすると、税法改正前は5000万円に加え1000万円×3人分なので、8000万円が基礎控除でした。それが改正後には3000万円プラス600万円×3人なので、このケースの基礎控除は4800万円になってしまったわけです。ですから、「相続は遠い話だ」などと先送りせずに、しっかりとした節税対策がますます重要になってきます。

どうすればいいの?生前贈与!

相続税の節税対策のために、たくさんの人々がおこなっているのが生前贈与でしょう。年間110万円までの贈与は非課税なので、これを利用して自分の財産を子供や孫に贈与し、相続時の財産を減らしておこうという作戦です。しかし、毎年同じ人に同じ金額の贈与をしていると、単に大きな額を分割して贈ったという扱いにされ、税務署から贈与税を求められるケースもあります。ですから、そのような扱いを避けるため、毎年金額を変えて贈与するなどの工夫も必要です。この贈与税ですが、200万円以下の贈与の場合だと、基礎控除110万円を超えた分の金額の10%になります。ですから毎年111万円の贈与をして、千円の贈与税を支払うという方法もとれるわけです。また、贈与をする際には銀行口座に振り込むなどして、はっきりとした証拠を残すことも大切です。

相続税対策とは、遺産にかかる相続税を1円でも安く抑えために生前から準備を始めることで「生前贈与」「生命保険」「不動産」などが有効です。